柴犬と音楽・・・ちょっとPC

柴犬ちょっぷの生活と音楽

ずっとペットロス

2018年の夏くらいから後ろ脚が少し悪くなり歩く事がままならなくなってきていました。カートを買って乗せてお散歩することが増えてきていました。

f:id:zhishu-0068:20200202111321j:image

食欲はあるのに体重が減っていき少しずつ色んな事ができなくなってきていました。もちろん、病院に行って血液検査など行っていましたが原因不明。レントゲンから腰の骨が少し悪いと言う所見がありましたが、年齢なりとのお話。

以前急に倒れた時は前庭疾患の予兆だったのか、秋頃にはだんだん真っ直ぐ歩けなくなり、くるくるとまわりはじめていました。後ろ脚も悪いし、ちょっぷ専用の車椅子を作ってもらって体力が落ちないように運動と気分転換のお散歩に出る毎日が続きました。

 

しかし、食べても体重は減る一方で、主治医からは精密検査をしてもいいが、脳や内臓疾患であれば年齢的に手術などは難しいと言うことでした。毎週検査して数値の悪い部分を投薬による対処療法する日々が続きました。

 

しかし、12月には立つこともままならなくなり、同時に夜鳴きも始まりました。毎晩そばで寝るようにして、鳴くと起こしてお水を飲ませて落ち着かせるようにしていました。この頃11kgあった体重が8kgに満たなくなっていました。家の中で車椅子に乗ると一生懸命に歩いていました。涙を堪えながらも励まして、寝かしつけての毎日がつづきました。

f:id:zhishu-0068:20200202112527j:image

 

年末近くになると状況はさらに悪化して固形の食事は取れず離乳食のような食事に変えましたが、食欲も衰え始めていました。体重は7kgに満たなくなりました。

 

年が明けて2019年、元気のないちょっぷの介護で我が家は正月どころではなく、妻と交代で24時間つきっきりでした。主治医からは体重の減り方や元気の無さからかなり危ない状態だと告げられました。

 

ちょっぷは1/16が誕生日で何とか誕生日を迎えさせてあげたいと思っていました。この頃、もう寝たきりになり、家ではヤギミルクとちゅーるをシリンジで少しずつ与え、病院では点滴を受ける日々になりました。

 

何とか1/16の誕生日を迎えて14歳になりました。寝たきりながらもそばに用意してあるヤギミルクを欲しがり、シリンジで与えて、抱っこして窓から外の空気に触れさせて落ち着いたら寝る、これが一週間ほど。

その後、だんだん夜鳴きに力がなくなりあまり声も出なくなりました。一日置きに病院で点滴。

 

2019年1/26に先生からもう数日かもしれない、と言われました。体重は5kg。半分になっちゃった...。

 

そして1/28 13:10頃、少し頭を上げたのでシリンジで水を少し与えてからその場で抱っこしたら顔を上げてほっぺたをハムハムと数回しました。その後少し力が抜けたような気がしたので最後かもしれないと思い、ちょっぷが大好きだった妻に抱っこを交代。胸に顔を埋めてゆっくりとした呼吸が数分。その後、静かに息をひきとりました。

ちょっぷ 14歳と12日 でした。

 

 

f:id:zhishu-0068:20200202151407j:plain

チビの頃から心雑音があり、お腹も弱く、ケンカも全敗。でもかわいい奴でした。妻はほとんど一緒に過ごしていましたが、自分は単身赴任で半分くらいしか一緒にいれなかったかな。それが悲しい。

それからは何もやる気が起きず、自分自身が精神的病んでしまいました。不眠症、倦怠感、無気力など。診療内科で薬をもらうも改善しないまま1年が経ちました。

 

先日、一周忌で去年の生活を思い出すだけで泣けてくる。この一年毎日感じた虚無感。これからどうするかも考えてない。ちょっぷと過ごした日々は楽しかったが考える度に後悔もある。疲れていても、もっと沢山散歩に行ってあげれば良かった。家でももっと遊んであげれば良かった、と思う日々。

 

どうしたら立ち直れるだろうか。ブログアップする気にもなれないが最後と思って書いてみた。支離滅裂な文章なんだろうけどそんなことどうでもいいか...

中華イヤホンを買ってみた

最近のハマリ物。中華イヤフォン
ちょっと遅いけど・・・。

WTSUN Audioが販売しているものが比較的品質が安定。初期不良の対応も良い様だ。

もっと安いのでは、

音の傾向が違うので、明るめならKZ ZSTのカラフル(黒はダメ、別物です。)聴きやすいのはKZ ATR

尚、イヤーピースはきちんとあわせないと実力が出ません。

耳にスカスカ、キツキツ状態は、本来の音が出ませんので注意。

 

NEW フルレンジスピーカー導入

前々から見た目がかっこよいフルレンジスピーカーで欲しかったもの

フェイズプラグ付きの8㎝フルレンジスピーカー。

それに合わせるキャビネットは、

 

どうやらサイズはピッタリのようだ。工作が簡単だし、場所も取らない大きさのため、買ってみた。

f:id:zhishu-0068:20170722011015j:plain

SPペア¥3,300-

箱は¥3,500-

中華アンプを使えば10,000円以内でニアフィールドに使えそう。

f:id:zhishu-0068:20170722011215j:plain

ファストン端子つけて内部配線処理。

f:id:zhishu-0068:20170722011306j:plain

下穴あけてネジで止めれば完成。

早速、LP-2020で音出しするも、超微妙・・・。中域のピークが酷い。ちょっと鳴らしこんで箱は変えた方がいいかもしれない。

しかし最初から専用設計のようにピッタリ取り付けできるところは良い。小さいのでデスクトップPCのオーディオ用(音量控えめ)で良いかもしれない。

試聴曲はこちら、


Sonata Arctica - Blood

 


EGO-WRAPPIN'『色彩のブルース』

全く脈絡なし(笑)

 

あまり良い音でなくても参考(備忘録)のため、録音アップする。これも後日アップロード予定。


↓簡単1分 無料登録はこちらから↓
ライフメディアへ無料登録

ボーナスも近いことだし・・・1TB HDD

 

このHDDはかなり安いなぁ。※HDDの厚さに注意!!!

 

 

Yahooでも扱っているということはかなりの数残っているのかな~。

 

TV録画用、PCバックアップ用に使えそう。

 ↑ 7mmではないので注意!

7mm厚はちょっと高いよう。

 

 

Vaio SVTをハイブリッド:SSD(キャッシュ)+HDDに戻してもいいかもw

2個くらい買ってみるかな。

 

個人的おすすめCD

なかなか高音質CDでBGMにも最高なハイブリッドCD。

LIVE盤豪華メンバーの最高なパフォーマンス。

夜にお酒とともにしっとり聴けます。LIVE盤

有名ベーストリオ。ノリが良い。

有名クラシック「PICTURE AT EXHIBITION」。原曲版のピアノVerも聴いてみるとおもしろい。

左右、真ん中の定位確認に最適CD。音も良い。

 

パワフルな女性ボーカル。聴くものに迷ったらこれを聴くことが多い。

 

 

グランジ世代は一度は聴いてほしい。一辺倒サウンドでないのが魅力。

TB W3-881SJFをいじるはずが・・・。

TB W3-881SJFを音出しして約2週間。最初の印象とあまり変わらず、良くも悪くも普通に鳴る。このスピーカーに合うエンクロージャーを探していたら、こんなものがセールになっていた。

dp00000116.shop-pro.jp

ペアで7000円を切っている。TB W3-881SJFとそんなに変わらない値段・・・。

さらに、余ったキャビネットFOSTEX P1000-Eにポン付けできそう。

っということで買ってしまった。

容量的にはTBよりさらに厳しいが中音域重視のスピーカーらしい。

今回はバッフルかませずにポン付けしてみた。

f:id:zhishu-0068:20160521211858j:plain

ネジは流用。

1時間ほど、小音量でJAZZ系を鳴らしこんでみて、D802でいつもの音量で聴いてみた。TB W3-881SJFよりも艶っぽい音に感じる。少し低音よりがこもる感じだが、鳴らしこんで改善するか、箱を変えてみよう。

っということで今回も参考録音をアップ。

もう完全にフルレンジにハマってしまったようだ。

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ほぼ一週間遅れの記事アップ・・・。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

時間がないわけではないが、記事を書くことをついつい忘れてしまう。

GW後半に作業したバッフル作成。

MDFとファルカタ集成材、ホワイトポプラ合板の3つの材料を購入。

FOSTEX P1000-Eに入れるつもりだったが、何となくスピーカー台になっているジャンク格安スピーカーを改造することにしてみた。

まず、MDFで挑戦。

スピーカーはVictor SP-MXS55。

f:id:zhishu-0068:20160515182548j:plain

少しサイズを間違えて不格好になったので断念。隙間スポンジを入れて見るも却下。

次は、練習用に買ってあったファルカタ集成材。2セット(4枚)作れるサイズで200円。

f:id:zhishu-0068:20160515182749j:plain

ジグソーで切り出すも真っ直ぐ切れない・・・。板材を当ててクランプ固定しておけば良かった・・・。

これをクランプ留めして音を出してみる。

中音域はそこそこ鳴る。素直な特性のスピーカーのようだ。しかし、低域が不十分。ファルカタ集成材では軽く乾いた感じになってしまう。

Web上でユニット特性を入れてP1000-Eに入れた特性を見てみると、あまり低域は出なさそうだ。多分バッフルを変えても同じだろうと判断し、P1000-Eは取りあえず使わないことにした。

後は、SP-MXS55MDのスピーカーだが、MDFで円形の切り出しは自在錐で楽勝だったが、ホワイトポプラではドリルドライバーのトルク不足で切り出しが難しい。そこでスピーカーボックス変更。

またまた、ジャンク500円のAIWAのスピーカーを使用することにした。これは前面が平坦で円形に切り出す必要がない。

型番はSX-LMJ2。背面バスレフでスピーカーターミナルもついているので、500円は部品代とすれば相当な値段。

ツイーターはSONY製がついていたが、外してスポンジを詰めて化粧板を元に戻しておいた。容量はざっと3.8L。P1000-Eは3.6Lだが、この200mlの差はデータ上大きいらしい。バスレフポートの長さ、面積もこちらの方が向いているようだ。

ホワイトポプラ合板12mm厚を相変わらず真っ直ぐに切れずに切り出し、今度は75㎜のホールソーで穴あけ。下穴をあけてから、M3x20のビスで貫通させ、固定した。

取り合えず、早く音出ししたいのでオイルステインやニスなど塗装系は行わず。

見た目は悪い。

f:id:zhishu-0068:20160515184019j:plain

作業は庭で行って、ロフトまで持ち上がるのは疲れていたので、2F寝室に設置。

スピーカーを上下裏返して、フルレンジっぽく置いてみた。

アンプは、KENWOODのR-SE7。 Pure-Aモードで再生。

このスピーカーは鳴らしこまないと本来の音は出ないらしい。しかし、まぁ、そこそこいいのではないかなぁ、と思う。低域は出ていないが、箱を変えればよくなるだろう。

箱設計ツールを使って容量とポートを計算してみようと思う。

その前に、今度はヴォーカルものや、ドンシャリ系を鳴らしてみようかとも思う。

参考にならないかもしれないが、こんな音。

モッピー!お金がたまるポイントサイト Amazon.co.jp 『ESET ファミリー セキュリティ 3年版(最新版)』が3,980円

どうやら、ちょっぷは・・・。

4月末に心臓の専門医を受診してエコー検査をした。

結果は、

心雑音はあるものの、てんかんにつながるようなものでない、とのこと。

心臓そのものも年齢なりではないか、とのお話。

 

脳の方は検査していないが、その後発作が出ていないことから、どうやら狂犬病注射による影響ではないか、と言われた。

統計では1%ほど副作用として発作や失神、ごく稀に不幸な事になるらしい。そういえば、実家のダックス君も14歳で2年前から狂犬病注射後にぐったり動かなくなるらしく、心配になるそうだ。

ますます、ちょっぷは老犬なんだなぁ、と痛感した。

最近のちょっぷは発作も出ず、なかなか元気だ。食欲旺盛、散歩も走りまわっている。

GW前半はのんびり過ごすも一日くらいは、と山に出かけた。

近くの川を歩いたが、水嫌いのちょっぷが川に近づいて行って、ちゃぽん、と入った。入ったとたんに固まる。何かやりたかったのだろうか。分からないが、笑ってしまった。ちょっぷは相変わらず変な奴だ。

f:id:zhishu-0068:20160505224352j:plain

結局、抱き上げて川から脱出。そして川から逃げるように離れていく。

何事も無かったかのように山登りを始めた。

 

後はDVDを見ていた。自分は静かな考えさせる作品を好んで見ている気がする。

1年前のものだが、「あん」を見た。うまく言えないが一気に見てしまった。エンドロールに流れる音楽にも引き込まれた。

 

 

そんなゆるーい前半を終えて、後半はちょっと工作することにした。

GW前に買っておいたもの、

TangBand W3-881SJF

これと、FOSTEXのP1000-E

 

8㎝フルレンジに10cm用の小さめの箱。しかも普通のバスレフ。

アンバランスなのだが、バッフルを作って収めてみようと思う。

さて、FOSTEX用にTangBandはどうなのか、低域不足が少し心配。

見た目もFOSTEXの10㎝をポン付けする方がよいだろう。

ここはちょっと安めのユニットと箱でフルレンジをお試しということにした。

結局バッフル作るのにホールソーやジグソー、ヤスリなど買い揃えたり、バッフルも材質の違う木材(MDF、ホワイトポプラなど)を使ってテストしようと考えたため、ビス止め前にクランプ固定か、などいろいろ買って散在してしまった・・・。

バックロードホーンは揃った工具類を使って自作してみようかな、などと思っている。

今のところ、落ち着いているよう。

てんかんのような発作を起こした「ちょっぷ」でしたが、ここのところは何事もなく過ごせています。

明後日、心臓のエコーを撮る事が決まりました。

激しい運動も少し避けた方が良いだろうと、散歩もあまり走らせないようにしていたのですが、かなり「ちょっぷ」にはストレスだったようで、走りたくてたまらないよう。心臓のエコーをして問題なければたくさん走れるんだけどねー。

もう少しガマンしておくれよ。

f:id:zhishu-0068:20160424093250j:plain

食欲もあるので一過性のものであってほしい、と願ってます。

ちょっと心配なこと。

うちの「ちょっぷ」も1月で11歳になった。

f:id:zhishu-0068:20160414231123j:plain

以前書いた通り、生まれた時から心雑音があり注意が必要なことを獣医師から言われていた。今年ももうすぐ毎年恒例の健康診断を受けさせるつもりなのだが、ちょっと心配な出来事が起きた。

2週間前に急にダイニングテーブルの下でバタン、バタンと音がした。

テーブルの下は「ちょっぷ」の定位置だ。

はっとしてテーブルの下を見るとちょっぷが仰向けになってバタバタしていた。

慌てて、「ちょっぷ」に駆け寄り、覆いかぶさって落ち着くよう声をかけたが、目の焦点が合わない状態で心臓もバクバクと音がして早い。

少し息も荒いようだった。

少しずつ落ち着いて来て目の焦点も合ってきたが、本人もビックリしたような動きを見せる。

大体1分くらいの出来事であったが、パニックになってしまった。

ネットで調べたところ、てんかん発作かもしれないと思った。

原因は心臓か脳である可能性があるらしい。

 

この症状は一度落ち着いたかに見えた。

しかし、3日前と一昨日の2日連続で同様の発作を起こした。

発作はいつも食後、落ちついた後の21時頃に起きた。

流石に、病院に連れて行くべきと思い、病院に連れていった。

獣医は、詳しい検査をしないと原因は不明とのこと。年齢に起因する場合もあるし、脳や心臓の疾患かもしれない、と言われた。

今回は定期健診前であったため、今度の定期健診時に専門医に来てもらえるように手配を進めますと獣医から説明があった。また、発作があったらまた来るように言われた。

今日は落ち着いているし、予兆なども分からない。症状が出ない時は至って元気で食欲も旺盛だ。症状が出た後は、なぜかしょんぼりしていることが多い。自分でも何か分かっているのだろうか。

 

「ちょっぷ」よ、大丈夫か、君に何かあったら確実に落ち込んで何もする気が起きないよ。高齢で仕方のないことかもしれないが、まだまだ元気でいてほしい。近くの柴友達は17歳まで元気だった、ちょっぷの兄貴分は13歳で元気だ。

 

仕事もイマイチ集中できない時間があるが、自分も冷静で強くならないといけない。

専門医の手配ができたら直ぐに検査に行こう。

一時的な発作の可能性もあるようなので、そういったケースを願っている。早めに検査に行きたいところだ。ちょっぷは大切な家族なのだから。