柴犬と音楽・・・ちょっとPC

柴犬ちょっぷの生活と音楽

218iアクティブツアラーの素人インプレッション

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

もう1週間前の話だが、思い出しながら書いてみよう。

※写真はF20 LCI

f:id:zhishu-0068:20160215221927j:plain

プロのインプレッションは山ほどあると思うので素人として書いてみる。

比較は、VW G6, VW POLO, BMW F20。

エンジンは3気筒1500ccターボは少し車内にこもった音が残る。すこし低めの音。出だしからトルクフルで発進から気持ちいい。スーッと加速する。3気筒であることを忘れるくらいの加速。

ATは8速ATでこれも低速のレスポンスが非常にいい。F20と同じ、とのことだが圧倒的に反応がいい。VWのDSGに似ている。総じてエンジン・トランスミッションVW G6, VW POLOあたりと似た印象。

アイドリングストップ機能もF20に比べるとシャープ。F20はブレーキングのさじ加減でアイドリングストップをしないように自己調節できるが、このクルマはうまくいかない。

燃費も含めてそういうセッティングなのだろうか。

内装は、ほぼF20な感じであるがシフトレバーがF系のそれとは違っている。個人的には好き。スイッチ類も同じだが全体の配置やピアノブラックのパネル多用によりF20より高級感があるように思う。

ウィンカーレバーの操作に小さい感動!マイルドな感覚になっていて軽い上げ下げで3ターンとなりさらに押し込む力をそんなに使わずにターンシグナルとなる。

右左折はやはりFFらしさが出る。これはFRが少ない現状では至って普通であるが、いわゆる昔からのBMWユーザーは不満かもしれない。要は2シリーズアクティブツアラーはBMWである必要性を感じない。もっと安価で同じようなフィーリングのクルマは他にある、という結論になってしまった。

やっぱり古い人間なのか、シルキー6を過去に体感してしまうと4気筒でさえも首を捻りたくなるが、3気筒FFは購買意欲を刺激するものではなかった。全体としてクルマの出来は素晴らしく良いと思う。

F20もLCIで3気筒のラインアップが増えた。今後も多く積まれるエンジンなのだろうが、FF化も進むと思われ、個人的には積極的に買おうとは思わなくなるだろう。

www.bmw.co.jp

Eurocarfans.jp | 2016 ニューBMW 1シリーズ オフィシャル

モッピー!お金がたまるポイントサイト Amazon.co.jp 『ESET ファミリー セキュリティ 3年版(最新版)』が3,980円