柴犬と音楽・・・ちょっとPC

柴犬ちょっぷの生活と音楽

次なる物欲・・・。

どうもこの季節に良いことがない。

あまり思い出したくないので書かないが、この季節をどう乗り切ろうかと毎年考えるものだ。

昨年は中華アンプ一色であった。

それなりに楽しんでいるが、何か足りない。

さぁ、今年はどうしようか。年明けから自室の模様替えばかり行っているのだが、やはり狭さは否めない。どうしてもロフト(小屋裏)である以上、140cmの高さでは整理ができない。※音的ににも不利なんだろうな。

っということでそれなりにモノを整理(捨てる)ことをしなければならないのだが・・・。

しかし、最近物色しているものもある。アンプは高額なのでヤメ。

さて、それは、「Back Loaded Horn Speaker」。

どうしても小口径のフルレンジスピーカーで聴いてみたい。

自作は失敗しそうなので格安のキットにするか、組立済みに単品フルレンジを装着するかになるだろう。

候補はこれ、一応安価であるため、バスレフも入れてみた。

小さい箱なので置き場に困らないだろう。

今のところ本命なのが、

dp00000116.shop-pro.jp

ググるとバックロードホーン式の箱はホーン長が最低100cmは必要なようだ。これはそれ以下。これがどう出るのだろうか。ちょっと安さにつられている。

10cmを入れるか、鬼目ナットを噛ませてバッフルを追加して8㎝にするか。10cmと8㎝の両方を使えるようにしようという考えだ。

ユニットは、スキャンスピーク!と言いたいところだが、FOSTEXかTang Band、HiViが安くて良さそうだ。

ユニット候補はこれら、

 ↑ HiVi B3N

↑ FOSTEX FF85WK

FOSTEXのPシリーズは一応避けておこうかと思う。特に理由はないが。

↑ Tang Band W3-881SJF

そう言えば、むかし、PHASSのアルニコを持っていたが処分してしまった。おしいことをしたかな。

もしくは、現在クルマに装着しているソニックデザインを外して使ってみようかとも思っている。

f:id:zhishu-0068:20160408220040j:plain

フルレンジで使えるかは不明だが、付属のバッフルが強固で良い音が鳴る。

カーでは安い部類だが、ホームでは超高価だ。これを売って資金にするのも良いだろう。今は物入れに眠っているBMW純正フルレンジも候補に入れてみようかな。

う~ん。価格をTOTALすると、まぁまぁの市販スピーカーが買えそうだ(笑)

 

 そんなシステムで聴きたい曲は、定番の邦楽アルバム、

 本来は、「歌バカ」だろうね。

それと、意外と録音の良いCD。

さあ、桜も散ってしまった寂しい春を噛みしめよう(笑